シューズのデザイン

“単純にジィーコイルシューズを履くだけで、人生が幸せになります。”

ジィーコイルシューズ、どんな所がいいのか?

"衝撃が減ると痛みが減ります." という
真理を実現させたシューズ


より詳しく知りたい場合は下の試験研究報告書を参照してください。
· Los Alamos Nat'l Labs Study · Sandia Nat'l Labs Study · Z-CoiL Ergonomic Study by NMH University in USA.

足、脚、膝、関節、脊椎疾患予防、リハビリ、回復用の専門シューズ

もし、お客様が足、脚、膝、腰が痛たかったり予防するためジィーコイルシューズを買うと想像してみてくたさい。

一般的な靴・一般の機能性の靴を買う時、どんなことを選べますか。

とこが痛いのか、職業が何か、肥満度がどのくらいかな度は興味がなくて、ただ靴のサイズ、デザイン以外は選択するものがありません。このような靴はどのようにしてあなたの健康の責任を取りますでしょうか。

私達のジィーコイルのシューズを買うとき、次のことが選択できます。!!

シューズのサイズ、デザインを選択した後、次のようなことをもっと選択できます。(次のようなすべての事項を考慮して各顧客別のシューズのオーダーメード調整には約1時間かかります。)

1. 疾患及び痛みのある部分によってシューズのオーダーメードの調整が変わります。

例1) 踵の痛み及びアキレス腱炎の場合:
ジィーコイルシューズのスプリングヒールの高さを水平線から約10mm高くします。 (参考:脱・付着出来るジィーコイルシューズのスプリングヒールの種類は10個以上です)

例2) 扁平足の場合:
シューズのスプリングヒール(各スプリングヒールの強度は各方向によってS/M/L/XLに調整が出来る)をXLの強度に調整して足が 内側に倒らないようにして扁平足の矯正・予防します。(参考:スプリングヒールは8つの方向に調整が可能)

例*)膝の前の部分が痛い時、後ろが痛い時、股関節が痛い時、ヘルニアS1-L5,L4-5,L3-4などが痛いそれぞれの場合、シューズのオーダーメードの調整が変わります。


2. 歩き方によってシューズのオーダーメードの調整が変わってきます。
3. 肥満度 (体重)によってスプリングヒールのタイプ及び調整変わります。
4. 職業が何か、長い時間立ったまま仕事をされているのか、歩きながら働くのかによってシューズにスプリングヒールの種類及び位置が変わります。
5. 住んでいる場所がどこかー平地なのか坂の上かーによってヒールの位置、角度が変わります。


上の例示の以外にもお客様によってシューズのオーダーメードの調整が別になりますが、ここで全部説明出来ないのでご了承ください。ジィーコイルシューズがどこにどういうふうにいいのかを詳しくお知りになりたい方は、私達のホームページ www.zcoil.kr “シューズが処方された疾患”をご覧ぐださい。

足、脚、膝、腰が痛いお年寄の方を優先にシューズの無料体験を実施中なのでジィーコイルのホームページで“シューズの無料体験のご参加”ご覧になり多くの参加をお願い致します。

一般靴(左)vsジィーコイル(Z-CoiL)シューズ(右)を履いている時の足の圧力分布図
上の図のようにジィーコイル(Z-CoiL)シューズは足に加わる圧力をまんべんに分散して、重さを少なめに受けて関節の無理にならないように設計されています。(赤及び黄色は圧力が集中されているという意味です)
一般の靴VS ジィーコイル(Z-CoiL)シューズ の特性比較表

区分 ジィーコイルシューズ 最上品の靴 最上品のコンフォート
クッション力
(cushioning)
26-29mm 5mm 6mm
シューズの安定性
(stability)
非常に良い アスファルトの道以外で 非常に良い スプリングが 安定性を提供する (タンク、車のように) 良くない アスファルトの道以外で 足首を挫ける可能性が高い 良くない アスファルトの道以外で 足首を挫ける可能性が高い
エネルギーリターン
(energy return)
約 50% 約 3% 約 3%
シューズが足を 支えて保護する能力
(foot support)
特殊材質で制作された非常に硬い 足の支持保護パッドが 足を支えていて足が左右に 崩れることを防止及び偏平足 の進行防止 だいたいの靴は支持台がなくて、 歩く時走る時簡単に靴が動き、 足の負傷を誘発して 扁平足の進行を進めてしまう 鉄でなっている支持台が靴の中で あるが、足を保護するのに 十分ではないし、扁平足が進行される
衝撃吸収力
(impact reduction)
前の部分約100% 後ろの部分約40-50% 約 3% 約 5%

*アメリカ国立(こくりつ)センディア 研究所(けんきゅうじょ)及びロスアラモス研究所からの研究結果値(けんきゅうけっかち)。

携帯の画面で表と図にてを当てて横にスライドすると、残りの内容をご覧になれます。



1. 甲皮(Upper)

最上品の天然牛皮、空気がよく通るサンドイッチ型のメッシュ、スパン内皮などを使っていてだいたいの部品が二重縫いになっていて一般の靴より長い時間履くことが出来ます。

2. 整形外科用のミッドソール(Z-Orhic)

標準の足裏、足のアーチ、踵の形と非常に似ているデザインがされた、硬い整形外科用のミッドソールが足を保護し、衝撃を分散して、偏平足の進行を防止し、足裏靭帯筋膜炎、踵の痛みなどの踵から足のアーチまで起こりえる疾患を予防して痛みを緩和します。

3. 足の前の部分のクッション(forefoot cushioning)

20mmの太さで硬度が異なる二つのスポンジのミッドソールが衝撃を吸収して足指の初めの関節の骨(中足骨、metatarsal bones)を保護します。

4. 前の靴底にある曲線及び丸い形の靴底(flex line & rocker bottom)

丸い形になっている靴底及び 前の靴底にある曲線 (フレックス・ライン)が自然なローリング運動が出来るようにしてくれます。つまり、自然な動きの歩行(Rolling Walking)が出来るように基本的な設計がされています。

5. スプリング (Spring)

コーン形のスプリングはヒールに加わる物凄い衝撃を約40%~50%ほど後ろから支える効果があります。

6. スプリングのヒール(Spring Heel)

スプリングヒールは ボルトだけで 簡単に交換できるのでとても経済的で、歩き方に合わせて位置を調整して歩き方を楽に矯正出来ます。